青少年共育委員会

副理事長 宮本 将志
室長   松本 恭治
委員長  池添 健太

近年、「自分のことが好きだ」と答える学生の比率が上がってきていますが、香川県の小中学生の自己肯定感の低さは、全国ワーストという現実があります。また、子どもたちに「大人を見て楽しそうだと思いますか」と質問すると、「思わない」という答えが返ってきます。よく使う言葉は「どうせ」であり、自身に期待をしていないと読み取れます。私たちは、子どもたちが自信を育める機会を提供し、自己肯定感を高める必要があります。
まずは、地域の子どもたちに自信をつけさせるためにはどのような機会を提供すればよいのかを私たちが学ぶ必要があり、様々な角度から成功体験を積める仕組みを学べる3月公式訪問例会を構築します。そして、現在の子どもたちへの向き合い方を他LOMとも共有し合い、それぞれの地域が抱える課題に活かし、地域の発展につなげることのできる事業を行います。さらに、地域の子どもたちに向けた事業をするために、様々なカリキュラムを考えた青少年事業を構築し開催します。子どもたちは日常生活では関わらない大人との交流や体験により社会に触れ、非日常体験を通して自分自身や他人に対しての認識を再発見する場となります。私たちも、子どもたちと触れ合い、捉え方や考え方を理解する事で、互いに成長できる機会を提供します。また、諸団体と共に手を取り合い、違った視点からの意見を取り入れることで、私たちだけでは提供できない幅広い交流や体験を提供できます。それにより、子どもたちだけでなく地域の大人である私たちも互いに切磋琢磨できる関係を構築し、地域から必要とされる大人の姿を子どもたちに見せることができます。
子どもたちが自己肯定感を高められる体験をする事で、他者との比較ではなく、自分自身の在り方を積極的に評価することができます。また、事業に携わる大人の様子を見て、自分の将来に希望を抱き前向きな言葉が出るようになり、明るい豊かな社会が実現します。

ss3

〒762-0053 香川県坂出市西大浜北1-2-33 坂出グランドホテル内
公益社団法人 坂出青年会議所
TEL: 0877-46-8068 FAX: 0877-46-8970
Mail: info@sakaidejc.jp